雨量の自動測定が可能な雨量計のしくみ

雨量を測定する装置が雨量計です。基本的な構成の違いが2つの方式がありますが、それぞれ自動化が可能となっています。1つは貯水型の自動記録機能があるものであり、記録用のペンを溜まった雨水の重さで駆動し、専用のロール型記録紙に記録していきます。これにより無人での自動運転が可能となっています。もう一つは転倒ますにより雨量を計測タイプです。雨水が溜まると鹿威しのように転倒ますが転倒する仕組みになっています。水を捨てる動作を元の位置に戻る動作を繰り返すことができ、このしくみによって自動運転を実現しています。転倒動作の際に、転倒ますが倒れたことを記録するための情報として、電気的なパルスを発生させます。コンピュータ機器に取り込むことが可能であり、自動運転とともに情報を遠隔地に送信することが可能です。遠隔地からの観測が可能であるため、公的なシステムとして広く利用されている装置です。

雨量計を手作りすることは可能

雨量を測定できる装置として雨量計があります。気象庁がその機構や使い方を定義している装置であり、貯水型と転倒ます型の2種類それぞれに特徴があります。転倒ます型は自動記録と遠隔操作が可能であるために、気象庁の公的な雨量計として広く使われている事情があります。受水器を持たない装置での雨量測定は、その結果を各種メディアに公表することが禁止されていますので注意してください。雨量計は個人レベルで自作することができます。手作りキットが一般販売されているくらいですので、興味のある方は、チャレンジしてみることをお勧めします。完全自作する場合は、ペットボトルを使って作る貯水型のタイプとなります。この簡易的な装置の制作を通じて、降水量の測定方法や、雨の特性について学習することができますので有意義です。学習教材として最適であるだけでなく、防災むけ、農業向けなど実用的な側面もあります。

雨量計は一般的に購入することが出来る機器

雨量計は専門家だけが入手できる機器ではなく、一般的に誰でも入手することが出来ます。これを販売しているお店を見かけることはほとんどありませんが、インターネットを利用すると通販サイトから商品を見つけることが出来ます。人によっては初めて名前を聞く機器だと思われますが、これは雨量を測定する為のかなり特殊な機器となります。例えば、気象庁が気象観測として降水量を調べる時などに活用される機器です。一般的な用途はほとんどありませんが、例えば将来的に気象関係の仕事に就きたい場合など、個人的に雨量計を購入して雨の量を観測して知識を高めると言った活用方法があります。どちらにしても、業界の人や専門家を目指している人以外にとってはあまり実用性が無い商品ですが、その手の人にとっては降水量を調べる為に欠かせないアイテムとなります。

主に気象観測装置(温度センサー、風向風速計、日射計、太陽光発電計測システム)の製造、販売を行っています。 地域の小さな環境改善活動ひとつひとつが、やがては地球温暖化の抑制にも繋がります。 風速計は災害の軽減や安全運航の基準などの目的で利用されています。 FieldLogシリーズには、風向風速ロガー、温湿度ロガー、複合気象ロガー、雨量ロガー、水位ロガーがございます。 雨量計は種類豊富なフィールドプロ